めぐりの良い“つまらない人”を目指す! シトルリン

パイプを広げてめぐりを助ける

パイプを広げてめぐりを助ける
シトルリンは一酸化窒素(NO)の生成を促し、めぐりをよくする効果があります。

私たちの体には隅々までパイプが張り巡らされています。このパイプの通りが悪く、詰まりがちになってしまうと必要な栄養が隅々にまで届かなくなります。そうすると一年中冷たく感じ、不調やモヤモヤ感になって体に現れるのです。

それを防ぐために、めぐりをよくしてパイプを広げ、"つまらない人"になることが大事なのです。

ページ上部へ戻る

体内のめぐりがよくなる事のメリット

体内のめぐりがよくなる事のメリット
めぐりがよい生活を送ることで、一般的には運動パフォーマンスの向上・調子を整え、守る力がアップ・ぐったり感解消などさまざまな効果を期待することができます。

たとえば、狭い道路だと車はすぐに詰まって渋滞してしまいますが、広い道路であれば多くの車があっても、滞りなく通ることができます。

体もそれと同じで、通れる道が広ければ、必要な栄養を体の隅々まで届けることができるというわけです。

ページ上部へ戻る

ノーベル賞受賞者も注目!

ノーベル賞受賞者も注目!
米国カリフォルニア大学のルイス・イグナロ教授は、シトルリンが生成を促す一酸化窒素(NO)が健康に大きく関与していることを明らかにし、1998年にノーベル医学・生理学賞を授与されました。

それまで一酸化窒素(NO)は排気ガスなどに含まれている為、人体には害があると考えられていました。しかし、研究によって体内で生成される一酸化窒素(NO)については体に良い作用があるということが分かったのです。

その為、博士の研究成果は私たち人間の健康に関する大発見ともいうべきものでした。

ページ上部へ戻る

体に必須のスーパーアミノ酸

体に必須のスーパーアミノ酸
シトルリンは私たちの体内に多く存在し、体のさまざまな機能を支えているアミノ酸の一種であり「スーパーアミノ酸」と呼ばれています。

通常、アミノ酸は体内に入るとタンパク質に再合成されますが、シトルリンは再合成されずに体のめぐりに乗って循環しています。

その為、体のどこかでアミノ酸が不足すると、必要なときに必要な場所で働くことができるのです。

ページ上部へ戻る

一酸化窒素(NO)が増やせるアルギニン

一酸化窒素(NO)が増やせるアルギニン
シトルリンと“同時”に“同じ量”を摂ることにより相乗効果が期待できる成分があります。 それは、ニンニクや大豆などに含まれているアルギニンです。

アルギニンは一定量集まると体内でシトルリンに再合成されるため、効率的に一酸化窒素(NO)を増やすことができるのです。

また、アルギニンには一酸化窒素(NO)を増やす他にも、成長ホルモンなどの分泌を助ける働きがあることが分かっています。
シトルリンとアルギニンの相乗効果

ページ上部へ戻る

シトルリン配合商品一覧