産官学プロジェクトでも認められた成分 クロセチン

産官学プロジェクトでも認められた高機能色素

産官学プロジェクトでも認められた高機能色素
クロセチンは栗きんとんの色付けに使われるクチナシの果実や、パエリアのスパイスに使われるサフランなどに含まれる黄色い色素成分です。
ヘトヘト対策成分「イミダペプチド」を見出した産官学連携プロジェクトにおいて、イミダペプチドと共に一定の効果が認められた成分の一つです。

ページ上部へ戻る

様々な「光」に晒される現代人に必要です

様々な「光」に晒される現代人に必要です
テレビやスマートフォンなどを代表に、日々生活していると様々な「光」が視界に入ってきます。
光がないと人間は生きていけませんが、一方で光が入ることで健康には少なからずダメージが生じていることを忘れてはいけません。

また、近い画面を見続けていると距離感が凝り固まってしまうなど、現代人にはケアが必要です。

ページ上部へ戻る

距離感をピンと合わせるクロセチン

距離感をピンと合わせるクロセチン
カメラのレンズは調整をしないと距離感が合いません。
クロセチンはまさにレンズを調整する役割が期待できる成分です。
凝り固まったものをほぐす力が期待されるため、年齢を重ねた方の健康維持にも活躍します。

ページ上部へ戻る

ルテインとの組み合わせがオススメ

ルテインとの組み合わせがオススメ
ルテインとクロセチンは色素成分という共通点があり、働きも似ていますが両方を一緒に摂取することで相乗効果が高まることが確認されています。
ぜひ合わせて活用してみてください。
ルテインについて

ページ上部へ戻る

水溶化ルテイン+クロセチン