×

LINEお友だち追加はこちら

よく噛み、よく食べ、よく笑いたい女性に最適 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは
大豆、とりわけ大豆胚芽に多く含まれるのが大豆イソフラボンです。女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が近いため植物性エストロゲンとも呼ばれています。

日本人にとって大豆は豆腐や味噌、納豆などで古くから食べられている非常に身近な存在です。しかし近年は食生活の多様化が進み大豆食品を口にする機会が減っている方も多いのではないでしょうか。大豆を食べなくなることは、すなわち大豆イソフラボンの摂取量も減るということです。

ページ上部へ戻る

年齢を重ねた女性こそ積極的に補給を

年齢を重ねた女性こそ積極的に補給を
大豆イソフラボンは女性との関わりが深いため、特に年齢を重ねた女性は注目すべき成分です。年齢を重ねていくことで生じる様々な変化・低下へのサポートとして積極的な摂取をおすすめいたします。

カルシウム500mgと合わせて

カルシウム500mgと合わせて
・閉経後2年以上経った女性(平均年齢62.9歳)48名が
・大豆イソフラボン10mgとカルシウム500mgを含んだタブレットを
・12ヶ月間摂取した
結果、成分が入っていないタブレット(プラセボ)を摂取していたグループより良い結果になりました。

ページ上部へ戻る

まだまだ研究が続いています

まだまだ研究が続いています
1980年代以降、研究によって大豆イソフラボン等、天然の食品成分から様々な生理機能が発見されていますが、遺伝子レベルでの評価など「機能性」「安全性」などを追及した研究に終わりはありません。

ページ上部へ戻る

口腔用ラクトフェリン