×

LINEお友だち追加はこちら

エネルギーの予備タンクのように働き、あらゆる運動をサポート クレアチン

エネルギー源の再利用を促進

クレアチンがエネルギー源の再利用を促進
クレアチンはたんぱく質をつくるアミノ酸の一種で、私たちの体内にも存在する物質です。運動などによって減ってしまうエネルギー源の再利用をサポートする働きをもっています。

私たちが体を動かすとき、体内でエネルギーのもととなるのが「ATP(アデノシン三リン酸)」と呼ばれる物質です。ATPはエネルギーを生み出す際にリン酸を放出し、「ADP(アデノシン二リン酸)」という物質に変わります。このADPにリン酸を補い、再びエネルギー源として利用できるようATPに戻すのがクレアチンの役割なのです。

パワーが不足したときにATPをサポートするため、クレアチンはエネルギーの予備タンクのような存在といえます。

ページ上部へ戻る

100年以上研究されてきた身近な成分

100年以上研究されてきた身近な成分
クレアチンは約200年前の1832年にフランスの化学者シュヴルールにより発見されました。
その発見は私たちが口にしている食肉からであり、クレアチンがいかに身近な成分であるかを物語っています。
ちなみにクレアチンという名前もギリシャ語で“食肉・肉”を意味する“クレアス”に由来しています。
以来、早くから運動パフォーマンスに対する研究が続けられています。

ページ上部へ戻る

金メダリストの摂取により一躍、注目の成分に

金メダリストの摂取により一躍、注目の成分に
クレアチンのパワーが広く注目を集めるきっかけとなったのは1992年のバルセロナオリンピックでした。男子100m走で金メダルに輝いたイギリスのリンフォード・クリスティが摂取していたことで一躍有名になりました。

その後はオリンピック選手やメジャーリーガーなどプロスポーツ選手にも広がり、クレアチンはスポーツに欠かせない成分となったのです。

現在では、日々の家事や仕事、運動、トレーニングなどで“パワー不足”を感じる方たちにも愛用されています。

ページ上部へ戻る

加齢により減少するため、日常的な摂取が大切

加齢により減少するため、日常的な摂取が大切
体内でのクレアチン生成量は加齢とともに減少していきます。運動会のシーズンになると張り切ったお父さんたちが転倒する光景がよく見られますが、これもクレアチンの不足が原因とされています。
しかも毎日一定量が尿として体外に排出されてしまうこともあり、日常的、意識的な補給が重要です。

クレアチンは赤身の肉や魚を食べることによって体内でつくられます。しかし、食事だけで補給するには生肉換算で500g食べても十分とは言えず、現実的ではありません。

年齢とともに食が細くなってきた方や、健康に配慮して野菜中心の食生活を送っている方は、サプリメントなどを上手く活用することで体内濃度を高めることが可能です。

ページ上部へ戻る

HMBカルシウムと一緒に摂取して相乗効果を

HMBカルシウムと一緒に摂取して相乗効果を
クレアチンと一緒に摂取すると効果的な成分が「HMBカルシウム」です。クレアチンと同じく私たちの運動をサポートする成分で、筋肉のスイッチを入れる働きがあります。

筋肉を“車”にたとえるなら、HMBカルシウムが“アクセル”でクレアチンが“ギア”。異なるメカニズムをもつ2つの成分を一緒に摂取することで、相乗効果によってさらにパワフルなサポートが期待できます。

ページ上部へ戻る

筋肉を意識した場合
クレアチンとHMBカルシウムはどちらを優先すべきか

クレアチンとHMBカルシウムはどちらを優先すべきか
車にとって“ギア”と“アクセル”はどちらも重要な存在ですが、止まっている車を“動かす”ために必要不可欠なのはアクセルであるHMBカルシウムです。激しいスポーツをする習慣がなく「階段を上りたくない」「重い物を持つのが辛い」といった“パワー不足”にお悩みの方はHMBカルシウムから摂ることをオススメいたします。
クレアチン