シトルリンのNOを産み出す力をサポート アルギニン

合わせて読みたい

シトルリンについて

シトルリンと同様にNO(エヌオー)を増やす成分・アルギニン

シトルリンと同様にNO(エヌオー)を増やす成分・アルギニン
アルギニンはシトルリンと同じアミノ酸の一種であり、血管をひろげて体のめぐりを良くするNO(一酸化窒素)を増やす働きがある成分です。

アルギニン特有のはたらきとしては、成長ホルモンの分泌を促進するというものがあります。

ページ上部へ戻る

アルギニン×シトルリンのサイクルが重要

アルギニン×シトルリンのサイクルが重要
アルギニンとシトルリンは体内で互いに転換・再合成を繰り返しますが、
その過程でNOが発生するため、2つ同時に摂る事でNOを産み出すサイクルが加速する事が分かっています。
ちなみにアルギニンとシトルリンは1:1の量で摂取することが最も効果的です。
シトルリンについて
アルギニンとシトルリンは1対1が効率的

ページ上部へ戻る

○○な時に不足しがちな成分

○○な時に不足しがちな成分
アルギニンは成人の場合体内で合成できる「非必須アミノ酸」に分類されますが、時と場合によっては不足するため、摂取が必要となります。

たとえば、激しい運動・トレーニングなどの体力消耗が激しいときや、加齢による病気や怪我などで体内合成量が減少します。

そのため、普段から積極的に摂取したい成分なのです。

ページ上部へ戻る

アルギニンを効率的に摂取する方法

アルギニンを効率的に摂取する方法
アルギニンは比較的「普段の食生活で補給しやすい」成分です。主に肉や卵から摂取することになりますが、肉や卵だけに頼ると「飽和脂肪酸や脂質の摂取も多くなる」という問題があります。

飽和脂肪酸の摂りすぎはめぐりの悪化に直結し、また、脂質の摂りすぎもエネルギー過多・肥満に繋がるため注意が必要になります。

そのため、純粋なアルギニンだけを摂取する、すなわち「いいとこどり」ができるサプリメント類の活用が広まってきています。

ページ上部へ戻る

高濃度シトルリン+アルギニン