×

LINEお友だち追加はこちら
  • 500億個のビフィズス菌

機能性表示食品

500億個のビフィズス菌

ビフィズス菌BB536(ロンガム種)を500億個配合した機能性表示食品。
圧倒的なビフィズス菌配合量で、腸内環境を良好にし、
腸の調子を整えます。

500億個のビフィズス菌
500億個のビフィズス菌

特徴

・機能性表示食品でNo.1※のビフィズス菌配合量
※BB536を機能性関与成分とした機能性表示食品のうち、一日摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量において(2019年6月11日現在)

内容量

1箱 : 30包(約30日分)

1日の目安、お召し上がり方

1日1包を目安に、水や牛乳に溶かしてお召し上がりください。
ビフィズス菌は熱に弱いため、高温のお湯や牛乳は使用しないでください。

原材料名

ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)(国内製造)(乳成分を含む)/ テアニン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素
※特定原材料:乳

栄養成分表示(1包470mgあたり)

エネルギー 1.87kcal、タンパク質 0.12g、脂質 0.02g、炭水化物 0.30g、食塩相当量 0.008g
テアニン 50mg
機能性関与成分
ビフィズス菌BB536 500億個

保存方法

スティック開封後は、すぐにお召し上がりください。
直射日光、高温多湿を避けて、涼しい場所に保管してください。
乳幼児の手の届かないところに保管してください。

根本対策はこちら!

定期お届けコース

30包(約30日分)

定期お届け価格

3,980 (税込)

送料無料 ずっと10%OFF

カートに入れる

お得な定期お届けコースとは

通常購入1回のみの購入

30包(約30日分)

通常価格

4,423 (税込)

送料 480円

カートに入れる

500億個のビフィズス菌

圧倒的!500億個
ビフィズス菌BB536を配合

圧倒的!500億個のビフィズス菌BB536を配合

医療機関向けの限定販売品を元に商品化した「ビフィズスロンガム+テアニン」が機能性表示食品「500億個のビフィズス菌」としてリニューアルしました。「500億個のビフィズス菌」には1包あたり「500億個」ものビフィズス菌BB536(ロンガム種)を配合しています。ビフィズス菌は多ければ多いほど腸内の悪玉菌が減少することが確認されており、本品では徹底的に菌数にこだわりました。一般的なサプリメントとは一線を画する圧倒的な配合量になっています。ぜひ比較してみてください。

たまって体型が気になる方、
ゆるくなりがちな方のどちらにもおすすめ

たまって体型が気になる方、ゆるくなりがちな方のどちらにもおすすめ

私たちの腸には約1000種類の細菌が存在しますが、ストレスや生活リズムの乱れによりバランスが崩れると、お腹がゆるくなったり、出にくくなったりします。その改善には腸内の善玉菌を増やすことが重要であり、その善玉菌の代表がビフィズス菌なのです。乳製品にはお腹がゆるくなるイメージがありますが、それは乳製品に含まれる乳糖が主な原因であり、ビフィズス菌には関係ありません。むしろ、ビフィズス菌は崩れた調子を整えるため、どちらのお悩みにもサポートとなってくれます。

腸まで届く!特別なビフィズス菌BB536

腸まで届く!特別なビフィズス菌ロンガム種

「500億個のビフィズス菌」に使用しているビフィズス菌は、酸に強く腸まで生きて届く特別なビフィズス菌「BB536」です。ヒト由来で私たちの体により作用しやすいのが特徴です。肝心な腸までしっかり届き、最大限の働きをしてくれます。

ビフィズス菌BB536について

機能性表示食品 届出番号:D306
■届出表示
本品にはビフィズス菌BB536が含まれます。ビフィズス菌BB536には、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています。
■機能性表示食品について
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
■摂取方法
そのまま、または水や牛乳に溶かしてお召し上がりください。
■1日摂取目安量
1包
■摂取上の注意
本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
本品を溶かす際、高温のお湯や牛乳は使用しないでください。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを