機能性表示食品とは?

目的に合わせてより安心なものを選べる機能性表示食品制度

機能性表示食品の位置づけ これまで、商品のパッケージなどに機能性の表示が認められていたのは「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品では、たとえ科学的根拠(エビデンス)があっても、機能性や効果があるとされる体の部位を表示することはできませんでした。
しかし、健康意識が高まって多くの商品があふれる中、機能性表示に関してのルールを見直し、消費者が自分に合った商品を選びやすくするため、2015年4月より「機能性表示食品」制度が開始されました。
この制度は、企業などの事業者が国の定めた一定のルールに基づいて商品の評価を行い、消費者庁に届け出をすることで、機能性表示が認められるものです。
届け出が受理されれば、これまで特定保健用食品(トクホ)でしか表記できなかった「お腹の調子を整えます」とか「脂肪の吸収をおだやかにします」といった、体のどの部位にどのように作用するかを表示できるようになったのです。

厳しい条件をクリアしたイミダペプチドドリンク

機能性表示食品の届け出に必要なこと 消費者庁への届け出は、簡単なものではありません。
機能性表示食品としての十分な根拠を示すため、製品の機能性や安全性について信頼度の高い論文の提出が必要となります。
また、生産・製造する過程での品質管理の徹底や、万が一の健康被害を未然に防ぐための情報収集体制の整備など、いくつかの厳しい条件を満たさなければなりません。
イミダペプチドドリンクは、そういったさまざまな条件をクリアして機能性表示食品となりました。
パッケージに表示された「機能性表示食品」の文字は、身体的な疲労軽減効果の科学的な根拠や人体への安全性、そして、日本予防医薬がお客様の信頼にお応えできるということの証なのです。

■機能性表示食品届出の各詳細はこちら

消費者庁のホームページ【届出番号A53】でもご確認いただけます。

機能性表示を記載した新パッケージに変わります!

新パッケージ見本 皆様により分かりやすい情報を提供し、安心してイミダペプチドドリンクをご活用いただくため、パッケージをリニューアルいたします。
これまで表示されていた情報に加え、機能性表示食品として必要な情報を、消費者庁のガイドラインに基づいて分かりやすく表示しています。
「日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減」と、表記できるようになりました。