栄養機能食品

「栄養機能食品」とは?

栄養機能食品の位置づけ

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。
栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分が設定された上限値・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

しかし、含まれる栄養成分が設定された上限値・下限値の範囲内であれば、国への許可申請は必要なく、厚生労働大臣が定める基準に従って表示ができるものです。現在は、12種類のビタミンと5種類のミネラル(カルシウム・マグネシウムなど)が対象です。

栄養機能食品対象成分
亜鉛 カルシウム マグネシウム
ナイアシン パントテン酸 ビオチン ビタミンA ビタミンB1
ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンC ビタミンD
ビタミンE 葉酸

ページ上部へ戻る

栄養機能食品商品一覧