イミダペプチドと一緒に摂りたい成分 水溶化還元型コエンザイムQ10

イミダペプチドと一緒に摂りたい成分

産官学連携の研究プロジェクトで、イミダペプチド成分とともに研究され、ヘトヘト対策に有用であると認められた「還元型コエンザイムQ10」。私たちの体内でエネルギーを作りだす助けになる成分で、毎日を元気に過ごすために必要です。イミダペプチド成分とは、ヘトヘトに作用するメカニズムが異なる為、2つを合わせて摂ることでより高いパフォーマンスを発揮することが出来ます。

イミダペプチドとは違うメカニズムでヘトヘトに作用

ページ上部へ戻る

還元型コエンザイムQ10の持つ2つの機能

私たちが活動するために必要なエネルギーのほとんどは、細胞内のミトコンドリアという器官で作り出されています。還元型コエンザイムQ10は、その大量のエネルギーを作り出す際になくてはならない成分。呼吸で取り込んだ酸素と、食事によって摂取した栄養素から、元気な毎日を送るためのエネルギーを作り出しています。
また、コエンザイムQ10には、ヘトヘトの原因になる活性酸素と戦うビタミンEをサポートする役割があり、間接的にヘトヘトに対抗しています。

コエンザイムQ10の2つの働き

ページ上部へ戻る

年齢とともに不足しがちに...効率よく補うことが大切

加齢とともに減少する体内の総コエンザイムQ10量

体内のコエンザイムQ10の量は、加齢や病気、ストレスなどにより、20歳頃をピークにどんどん減少。40歳を過ぎると、ほとんどの人が不足しているといわれています。
コエンザイムQ10は、イワシなどの青魚や牛肉・豚肉、オリーブオイルなどに多く含まれていますが、食事だけで補うことはなかなか難しいため、サプリメントなどを活用して効率よく摂ることが大切です。

ページ上部へ戻る

1日300㎎摂取したほうが機能性が高い

自転車漕ぎによる身体的な作業能力と疲労感の関係

一般的に還元型コエンザイムQ10の推奨摂取量は100㎎といわれています。
産官学連携の研究プロジェクトでは還元型コエンザイムQ10を1日100㎎摂取した場合と、300㎎摂取した場合の両方でその機能性を比較しました。その結果、これまで一般的に推奨されていた100㎎よりも、300㎎摂取したほうが「よりヘトヘトになりにくい」ことがわかりました。

ページ上部へ戻る

変換の必要がなく効率的な「還元型」の摂取がおすすめ

体内でそのまま活用できる「還元型コエンザイムQ10」

コエンザイムQ10には、「還元型」と「酸化型」という2つのタイプがあります。私たちの体内で働くのは「還元型」のコエンザイムQ10。「酸化型」を摂取した場合、体内で「還元型」に変換されますが、その能力は加齢やストレスにより徐々に弱まっていくため、ロスが生じやすくなります。体内での変換の必要がなく、より効果を実感しやすい「還元型」を摂るのがおすすめです。
ちなみに「還元型」コエンザイムQ10は空気に触れると酸化しやすいという難点があります。そのため当社の商品ではビンや個包装にすることで酸化を防いでいます。

ページ上部へ戻る

約3倍の吸収性を実現した「水溶化」技術

水溶化技術により、吸収性が飛躍的に向上

コエンザイムQ10は、水に溶けにくく油に溶けやすい「脂溶性」の成分です。そのため脂分と一緒に摂取しないと吸収されにくく、これまでは食後の摂取が推奨されていました。しかし日本予防医薬では最新技術により「水溶化(水に溶ける)」させたコエンザイムQ10を採用しています。いつ飲んでも吸収性が高く、空腹時の吸収率がなんと従来の約3倍という特別なコエンザイムQ10です。

ページ上部へ戻る

最強の「水溶化還元型コエンザイムQ10」

イミダペプチドと一緒に水溶化還元型コエンザイムQ10を摂れるドリンク

日本予防医薬のコエンザイムQ10は「水溶性で吸収性が高く」「体内でより効率よく使われる」現時点最強の『水溶化還元型コエンザイムQ10』です。当社では世界で初めて飲料化することに成功しイミダペプチド成分と一緒に、気軽に摂れるドリンクにしました。また、水溶化還元型コエンザイムQ10を200mgと極めて高い配合量を誇る錠剤も商品化しております。

ページ上部へ戻る

水溶化還元型コエンザイムQ10配合商品一覧